ブライトリング正規販売店 精光堂 鹿児島店

プレミエ オートマチック デイ&デイト 40

皆様こんにちは。

台風10号が近づいてきていますが、心配ですね。
速度が落ち、長時間の暴風雨が予想されていますので、十分に警戒をしていたほうが良さそうです。

台風情報

さて、本日ご紹介するモデルは、

ビジネスシーンでも活躍しそうな紳士的なデザインが魅力の

プレミエ オート デイ&デイト 40

IMG_0459


シンプルで、とてもきれいなモデルです。

Ref:A45340211G1P2
価格:440,000円+税

⇒お問い合わせは、こちら

プレミエ オートマチック デイ&デイト40は時間だけでなく、その名の通り12時位置と6時位置にそれぞれ曜日と日付も装備されたシンプルなモデルです。

IMG_0456

シルバー文字盤をバックにゴールド色のインデックスと針が、はっきりと浮いて見える視認性の高さと、上品さがあります。

主張をおさえた、シンプルな40mmのケースサイズですので、ビジネスでもきっと大活躍してくれると思います。

防水は、100m防水。

IMG_0457

ブラウンのクロコの革ベルトで展示していますが、シンプルなシルバー文字盤なので将来的にいろんなカラーのベルトでも楽しめると思いますよ。

ぜひ店頭でご覧ください。

⇒お問い合わせは、こちら


こちらの記事もご覧ください

special37-banner2

Blue MOP

皆様、こんにちは。

本日ご紹介するモデルは、人気の「AVENGER GMT JAPAN EDITION」です。

IMG_7879
 
Ref:A329CMPPSS
価格:470,000円+税    

このモデルのお問い合わせは、こちらをクリック

ケースサイズは43mm、大きすぎず小さすぎずというところで、腕にはめた時はピタッときます。

また価格に対し、充実した高いスペックを持つ「アベンジャーII GMT」にブルーのマザーオブパールを使った文字盤なので、人気の高さには納得です!

FullSizeRender

GMT機能は、日常生活の上で使う方は少ないとは思いますが、ブルーMOP文字盤にこのGMTの赤針がアクセントになり、見た目てきに惹かれちゃう方も多いみたいですね。

IMG_7883

そして、グローブをつけた状態でも操作しやすいよう、きざみの入ったおおがたのリューズは、実用性を考慮して作るブライトリング哲学がよくわかりますね。

IMG_7881

防水機能も300m防水を確保しているので、日常でも使いやすく、スーツにもバッチリ似合うモデルです。

日本のためだけに作られた限定モデル、ぜひ店頭でご覧ください。


このモデルのお問い合わせは、こちらをクリック


↓ こちらの特設ページもぜひご覧ください。
special37-topbanner-top

細部に至るまで再現された限定モデル

皆様こんにちは。

明日の鹿児島店は店休日となっております。
皆様には大変ご迷惑をおかけしますが、予めご了承ください。


さて、本日ご紹介するモデルは、1950年代に登場したモデルを忠実に再現したモデルです。

「AVI REF. 765 1953 リ・エディション 」

IMG_0704

Ref:AB0920131B1X1
価格:900,000円+税

お問い合わせはこちら

AVI Ref.765 1953 リ・エディションは、1953年にリリースされたコ・パイロット Ref. 765 AVIを記念するモデルです。

1950年代、オリジナルのコ・パイロット Ref. 765 AVIは、大胆なデザイン、刻印のある回転ベゼル、非常に視認性の高いダイヤル、そして、丈夫で信頼のおけるパイロットウォッチとして、ブライトリングのもう一つのアイコン、ナビタイマーに次ぐ人気を博していたそうです。

そしてこの「「AVI REF. 765 1953 リ・エディション 」は初期のコ・パイロット Ref.765 AVIを細部まで再現した、1953本の限定モデルとして登場しました。

使用されているガラスは、膨らみのあるドーム型ヘサライトクリスタルを使用。

IMG_0706

最近各社から、復刻盤等のモデルが数多き排出されていますが、そのほとんどがサファイヤガラスに変更したっモデルとして出していると思います。

もちろん、傷が付きにくいという利点のもと、採用しているのでしょうが、あえて強化プラスチックのヘサライトクリスタルを使うところが忠実性を出したところではないでしょうか。

使っていくうちに、傷はどうしてもついてしましますが、使えば使うほど味が出る。そういった素材です。

そして、文字盤に使われている発光塗料は手作業で塗布され、そのカラーは慎重に選ばれ、オリジナルモデルの発光素材の色調を再現しています。

IMG_0703

ステンレススティール製41mmケースもオリジナルのまま。
ベゼルは、1953年のモデルとぴったり同じ位置にはめ込まれた3つのスクリューでしっかりと固定されています。

ここまでこだわった復刻モデルも少ないですよね。


ただし、表からわかるオリジナルと異なるところが2箇所のみあります。

AVI Ref. 765 1953リ・エディションはオリジナルと比較して防水性が向上し、3気圧(30メートル/100フィート)まで耐えられるようになっている点と、よく見るとダイヤルに「GENEVE」の文字が無いことです。

表面から見えるオリジナルと違う点はこの2点です。


機械式時計愛好家には見逃せない、手巻き式クロノグラフを搭載。
最近はあまり見なくなってきた仕様ですよね。

ベルトの裏側はオシャレにイエローです。

IMG_0705

1953本限定モデル。

是非ご覧下さい。

お問い合わせはこちら


↓こちらの記事も是非ご覧ください
special37-banner2

限定クロノマット

皆様、こんにちは。

台風が近づいてきていますね。
直撃ではなさそうですが、このままいくと来月2日が最も近づくようなので警戒だけはしといたほうが良さそうですね。


さて、本日ご紹介するモデルは、

新しいクロノマットの、限定モデル

CHRONOMAT B01 42 JAPAN EDISION

IMG_0712


Ref:AB0134101B2A1
価格:890,000円+税

お問い合わせはこちらから

定番モデルの「クロノマット B01 42」のクロノグラフのセンターセコンドの針は赤針になっていますが、この日本限定モデルのみ、シルバーセコンドになっており差別化を図っております。

IMG_0711

文字盤はブラック文字盤にシルバーのインダイヤルでスッキリとなっておりますが、この文字盤に少し物足りなさを感じる方は、赤の差し色が入っている定番カラーの方がいいと思います。

ケースはマット仕上げとポリッシュで仕上げられ、ベゼルも同様、ポリッシュ仕上げにライダータブのみつや消しになっているので、立体感が生まれ、高級感があります。

IMG_0710

そして、だんだん見慣れてきたルーローブレス。

好き嫌いは分かれると思いますが、これがなかなか着け心地が良いです!

IMG_0708

バックル部分は、引っ掛かりが無いようにスッキリと内側に折りたためる観音開きとなっております。

IMG_0714

そして、裏蓋はスケルトン仕様。

自社キャリバーの息遣いを堪能できますよ。

IMG_0715

ぜひ、店頭でご覧くださいませ。

お問い合わせは、こちらから

↓こちらの記事も是非ご覧ください
special37-banner2
Shop Information

ブライトリング正規販売店 精光堂 鹿児島店